JR東日本・JR西日本・JR北海道、新たな新幹線IC乗車サービスを導入

2018年06月06日 12時59分

飯塚 直

 東日本旅客鉄道(JR東日本)、西日本旅客鉄道(JR西日本)、北海道旅客鉄道(JR北海道)は6月5日、スマートフォンなどによりインターネット予約サイトで東北・北海道、上越、北陸、山形、秋田の各新幹線の指定席または、自由席を予約し、交通系ICカード(Suicaなど)を新幹線自動改札機にタッチして利用できる新たな新幹線IC乗車サービスを、2019年度末を目標に導入すると発表した。


キャプション

 サービスの開始日や価格などの具体的な内容については、決まり次第発表するという。

 同サービスは、「えきねっと」(JR東日本・JR北海道)と「e5489」(JR西日本)において、PC・スマートフォンで指定席などを予約・購入の際、所有する交通系ICカード情報を登録し、新幹線の自動改札機に交通系ICカード(Suica、Kitaca、ICOCAを予定)をタッチすることで、駅の窓口や券売機に立ち寄ることなく新幹線が利用できるようになるというもの。

 同一列車・同一行程であれば、一回の予約で6名までIC乗車サービスが利用できるほか、小児であっても同様にIC乗車サービスが利用できる。

 また、予約サイトでは運賃と料金が一体となった新幹線専用商品を販売するという。なお、JR東日本の「モバイル Suica 特急券」については、同サービスの開始にあわせてサービス提供を終了する。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。