LINE、スタンプを1セットあたり8個から販売可能に--写真スタンプも解禁

2016年10月07日 15時13分

 LINE、スタンプを1セットあたり8個から販売可能に--写真スタンプも解禁
LINEは10月6日、ユーザーがLINEスタンプを制作・販売できるプラットフォーム「LINE Creators Market」において、1セット8個からスタンプの販売が可能になったと発表した。
飯塚 直

 LINEは10月6日、ユーザーがLINEスタンプを制作・販売できるプラットフォーム「LINE Creators Market」において、1セット8個からスタンプの販売が可能になったと発表した。また、同日より写真を使用したスタンプの販売も解禁された。

写真を使用したスタンプの販売を解禁
写真を使用したスタンプの販売を解禁

 LINE Creators Marketは、ユーザーがLINEのスタンプや着せかえを制作して、世界中のLINEユーザー向けに販売できるプラットフォーム。2014年5月のサービス開始以降、登録クリエイター数は61万人、販売中のスタンプ・着せかえ数は合計32万セットを超えるという。

 同社によると、これまでスタンプ販売は、1セットあたり40個の制作が必要だったが、10月6日より最低8個から販売可能となった。静止画スタンプは、8、16、24、32、40個から選択。動くスタンプは、8、16、24個から選択可能。また、従来は審査ガイドラインで禁止されていた、写真を使用したスタンプの制作・販売も解禁された。

 スタンプの販売価格については、従来通り1セット120円から設定でき、売上総額よりApp Store/Google Playなどの手数料(30%)を除いた50%(売上総額の35%)がクリエイターへの収益分配額となる。