KDDI、カラオケ店にVR対応の専用ルーム--ライブや握手会を疑似体験

2016年10月12日 17時54分

KDDI、カラオケ店にVR対応の専用ルーム--ライブや握手会を疑似体験
KDDIとKDDI総合研究所は10月12日、カラオケ店でのVR事業の展開を目指し、シダックス、およびポニーキャニオンと連携した実証事業を開始すると発表した。
藤井涼 (編集部) 飯塚 直

 KDDIとKDDI総合研究所は10月12日、カラオケ店でのVR事業の展開を目指し、シダックス、およびポニーキャニオンと連携した実証事業を開始すると発表した。期間は、10月19日から11月18日まで。


VRコンテンツの実証事業を開始

 今回の実証事業は、レストランカラオケ・シダックス新宿歌舞伎町クラブ店舗内に、VR対応の専用ルームを設置。希望する利用者が室内でVR機器を装着し、アーティストのライブや握手会などの交流イベントをその場にいるかのように体験できるというものだ。利用料金は、600円(1部屋、1時間あたり)とカラオケ室料(600円~<一般料金>/1名・1時間)。

 用意されたコンテンツは、実在する5人組みアイドルグループ「マジカル・パンチライン」 の撮り下ろし360度ライブ。ユーザー自身が室内を歩きながら多様な視点で鑑賞する自由視点ライブと自己紹介。マジカル・パンチラインとカラオケ体験。マジカル・パンチラインとのバーチャル握手会。


5人組みアイドルグループ「マジカル・パンチライン」

コンテンツ内容

 同社によれば、カラオケルームの特性(高音質な音響、防音設備、複数人数集合可能)に着目し、ルームスケールVRを体験可能とするVR機器「HTC Vive」の貸し出しを通じて、VRコンテンツを配信する試みは、日本初だという。

 実証実験に使用するVRコンテンツの一部は、KDDI総合研究所が開発した「自由視点VR」技術を使って制作したもの。同技術の実用化は、世界初となる。自由視点VRでは、実写によるアーティスト映像を基に、ユーザーが好みの位置に移動して、そこから自由な視点で視聴できる。


「自由視点VR」技術のイメージ

 今後は事前に撮影・制作したVR映像だけではなく、KDDI総合研究所の「高画質VRリアルタイム映像配信」技術を利用した、VR映像のリアルタイム配信も予定している。