万年筆や木炭を操れるXYプロッタ「XPlotter」--レーザーカッターや彫刻機としても

2017年02月17日 12時18分

万年筆や木炭を操れるXYプロッタ「XPlotter」--レーザーカッターや彫刻機としても
一見ただのペンプロッタのようだが、人間が描いたようなタッチの絵を出力したり、レーザーカッターやレーザー彫刻機などとして使ったりできる多機能デバイス「XPlotter」がクラウドファンディングサービス「Kickstarter」で人気を集めている。その魅力を紹介しよう。
佐藤信彦

 一見ただのペンプロッタのようだが、人間が描いたようなタッチの絵を出力したり、レーザーカッターやレーザー彫刻機などとして使ったりできる多機能デバイス「XPlotter」がクラウドファンディングサービス「Kickstarter」で人気を集めている。その魅力を紹介しよう。


多機能なXYプロッタ(出典:Kickstarter)

 XPlotterは、レーザーカッターなどの機能を備えるXYプロッタ。レーザーでさまざまな素材の表面を焼いたり、特定の形を切り出したりできる。レーザーを出す部分にはペンホルダが装着可能で、各種ペンを保持して文字などを書かせられる。さらに、空気を吸い込む力で小さな物を吸着して持ち上げる、工作機械のような使い方も可能。

 保持できる筆記用具の種類は、万年筆やボールペン、鉛筆、フェルトペンといった一般的なものから、チョーク、木炭など多種多様。角度を付けて装着できるうえ、微妙な制御で人間の手の動きを再現するため、実際に人間が書いたり描いたりしたような文字と絵を出力できる。

万年筆で人間のように文字を書く(出典:Kickstarter) 万年筆で人間のように文字を書く(出典:Kickstarter)

絵も人間が描いたよう(出典:Kickstarter)

 レーザー彫刻機としては、紙や革、布、アクリル、陽極酸化アルミなどの表面を焼ける。レーザーカッターとして使う場合も、アルミ以外ほぼ同様の素材の切断が可能。


レーザー彫刻機として使う(出典:Kickstarter)

精密に切り出せるレーザーカッター(出典:Kickstarter)

さまざまな素材に対応(出典:Kickstarter)

 レーザーの部分に付属の真空吸着装置を取り付けると、小さな金属製ボールなどを吸い上げて動かせる。位置決め精度は0.012mm。

物を持ち上げて移動させることも(出典:Kickstarter) (出典:Kickstarter)

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間4月1日まで。記事執筆時点(日本時間2月17日11時)でキャンペーン期間は43日残っているが、すでに目標金額5000ドルの40倍近い約19万8000ドルの資金を集めている。

ビデオ(出典:Kickstarter)