指紋で秘密を守れるバインダー式ノート「Lockbook」

2017年03月17日 13時05分

 指紋で秘密を守れるバインダー式ノート「Lockbook」
Lockbookは、指紋認証をパスしないと開くことのできないノート。あらかじめ登録しておいた指紋を使わないと開けられず、許可なく中身を見られることがない。認証は指紋センサに指を軽く押し当てるだけで、1秒もかからないという。
佐藤信彦

 日記には恥ずかしい思い出や知られたくない秘密を書くので、自分以外の人に読まれたくない。鍵をかけておける日記帳は以前から存在しているが、大抵はおもちゃのような鍵が使われているため、針金やほかの鍵で簡単に開けられてしまう。

 そこで、指紋で秘密をしっかり守れるバインダー式ノート「Lockbook」を紹介しよう。現在クラウドファンディングサービス「Indiegogo」で支援募集中。

(出典:Indiegogo)
指紋で秘密を守るバインダー式ノート(出典:Indiegogo)

 Lockbookは、指紋認証をパスしないと開くことのできないノート。あらかじめ登録しておいた指紋を使わないと開けられず、許可なく中身を見られることがない。認証は指紋センサに指を軽く押し当てるだけで、1秒もかからないという。

ロック解除は1秒もかからない(出典:Indiegogo) ロック解除は1秒もかからない(出典:Indiegogo)

 ノートに書き込んだメモや個人情報を、安全に持ち歩ける。カードやペンなど用のポケットに、大切な物を入れておいてもよい。


好みのノートが挟める(出典:Indiegogo)

 6穴式バインダーなので、ノートを使い切ったら簡単に補充できる。好みのデザインのノートを挟んで使うことも可能。地図や付せん紙、物さしなどを入れるのにも便利だ。

(出典:Indiegogo)
各種グッズの持ち運びにも(出典:Indiegogo)
(出典:Indiegogo)
穴を開けて中身の自作も可能(出典:Indiegogo)

 Indiegogoでの目標金額は3万ドル。記事執筆時点(日本時間3月15日15時)でキャンペーン期間は25日残っているが、すでに目標の2倍近い約5万3000ドルの資金を集めている。

Lockbookの紹介ビデオ(出典:Indiegogo)