楽天、英語教育事業に本格参入--サービス名は「Rakuten Super English」

2017年04月21日 12時11分

楽天、英語教育事業に本格参入--サービス名は「Rakuten Super English」
楽天は4月21日、英語学習サービス「Rakuten Super English」を開始し、英語教育事業に本格的に参入すると発表した。
藤井涼 (編集部) 飯塚 直

 楽天は4月21日、英語学習サービス「Rakuten Super English」を開始し、英語教育事業に本格的に参入すると発表した。第1弾として、Lingvistが提供する外国語学習ソフト「Lingvist(リングビスト)」と、楽天グループのReDucateが提供する英語学習アプリ「まなみ〜」を提供する。

英語学習サービス「Rakuten Super English」
英語学習サービス「Rakuten Super English」

 同社は、事業のグローバル展開拡大に向けて、2010年より社内公用語の英語化に取り組んでおり、従業員のTOEICテストスコアの平均点は830点(楽天単体)を超えるという。今後は、同社の培った経験やノウハウを活用し、英語学習者向けにテクノロジを活用した新たな学習スタイルを提案。さらに、教育機関や企業・団体向けに、英語活用方法や英語力向上に関するコンサルティングなども行う。

 第1弾として提供する外国語学習ソフトの「Lingvist」は、複数の言語学習に対応しており、世界中で累計60万人の登録ユーザー数がいるという。楽天との協業により、日本のユーザー向けに日常英会話やビジネス英語に対応した英単語を学べるソフトを提供する。

外国語学習ソフト「Lingvist」
外国語学習ソフト「Lingvist」

 「まなみ〜」は、小学生から高校生までの授業で学ぶ英単語を学習できるアプリ。英訳、和訳、アクセント、スペル入力など多彩な問題形式を揃えており、ゲーミフィケーションのコンセプトに基づき、ゲーム感覚で楽しく学習が続けられるように設計されている。

英語学習アプリ「まなみ〜」
英語学習アプリ「まなみ〜」

 各コンテンツとも、アダプティブラーニングのコンセプトに基づくアルゴリズムにより設計されており、効率的に英単語が身に付けられるという。いずれもPC、スマートフォン、タブレット上で利用でき、専用アプリ(iOS/Android)も提供する。