TVボックス米シェアNo.1のRoku、2017年中に新規上場か--WSJ報道

2017年07月14日 11時44分

TVボックス米シェアNo.1のRoku、2017年中に新規上場か--WSJ報道
The Wall Street Journalの米国時間7月13日の報道によると、ストリーミングボックスメーカーのRokuが2017年中に新規株式公開を行う準備を進めているという。Rokuの計画に詳しい情報筋の話として、同社が評価額10億ドルを目指していると報じた。
Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部

 The Wall Street Journal(WSJ)の米国時間7月13日の報道によると、Rokuが2017年中に新規株式公開(IPO)を行う準備を進めているという。Rokuの計画に詳しい情報筋がWSJに述べたところによれば、Rokuは先頃、Morgan StanleyとCitigroup、Allen & CompanyをIPOのアンダーライターに指名しており、評価額10億ドルを目指しているという。

 AppleやGoogle、Amazonなど、ストリーミングボックス分野で競合するほかのいくつかの巨大企業に比べると、Rokuは知名度で劣るかもしれない。しかし、リサーチ企業のNielsenによると、Rokuは米国の家庭に最も普及しているボックスであり、人々がNetflixやHuluといったサービスから長時間のテレビコンテンツをストリーミングするときに最もよく利用する視聴手段の1つだという。


ストリーミングボックスメーカーのRokuが、新規株式公開を準備中であると報じられた。
提供:Sarah Tew/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。