ギークス、フリーランス向け福利厚生プログラムに税務相談--業務負担を軽減

2017年07月14日 16時33分

ギークス、フリーランス向け福利厚生プログラムに税務相談--業務負担を軽減
ギークスは7月14日、同社が展開するフリーランス向け福利厚生プログラム「フリノベ」において、ジャパンオフィスコンサルティング(JOC)と業務提携により、税務専門家に何度でも無料でメール相談ができる「ぜーむとーく(税務×talk)」の提供を開始した。
佐藤和也 (編集部)

 ギークスは7月14日、同社が展開するフリーランス向け福利厚生プログラム「フリノベ」において、ジャパンオフィスコンサルティング(JOC)と業務提携により、税務専門家に何度でも無料でメール相談ができる「ぜーむとーく(税務×talk)」の提供を開始した。専門知識を要する税務処理などの業務負担を軽減し、フリーランスが働きやすい環境構築をより一層推進することを目的にしているという。

「フリノベ」
「フリノベ」

 フリノベは、フリーランスのITエンジニア向け福利厚生プログラムとして2017年1月から開始。登録者はフリーランス同士の交流会への参加、フリノベ限定の優待利用で提携サービスなどが利用可能としている。

 またJOCは、中小企業と税理士のマッチングをはじめとした中小企業支援事業を展開し、税理士紹介サービス「顧問料無料.com」の運営も行っている。今回の提携により、フリノベ利用者は、顧問料無料.comを通じて顧問契約を結んだ場合、毎月の顧問料から7000円引き、最大12カ月間で8万4000円分の割引を受けることができるという。