サムスン、折り畳めるディスプレイのスマホを2018年に投入か

2017年09月13日 11時40分

サムスン、折り畳めるディスプレイのスマホを2018年に投入か
サムスンの幹部が、早ければ2018年にも、折りたたみ可能なスマートフォンを売り出す可能性があると述べた。
(CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)

 サムスン電子でモバイル事業担当プレジデントを務める高東真(コ・ドンジン)氏は、早ければ2018年にも、折り畳めるディスプレイを搭載するスマートフォンをリリースする可能性があると述べている。


提供:Josh Miller/CNET

 Associated Pressの報道によると、コ氏は韓国の報道陣に対し現地時間9月12日、「いくつかの問題」を克服できれば、サムスンはそうした製品をリリースすることになると述べた。ただし同氏は、どんな問題があるのかについては語らなかった。

 サムスンは以前より、折りたたみ可能なディスプレイを実験している。同社は2013年に、スマートフォン用フレキシブルディスプレイの試作品を初めて披露した。それ以前には、2011年にフレキシブルディスプレイを単体で開発していた。

 コ氏はさらに、サムスンがスマートスピーカの開発で、車載システムメーカーのHARMAN Internationalと協力していることを認めた。サムスンは、米コネチカット州スタンフォードに拠点を置くHARMANの買収を2017年3月に完了している。12日には、スマートスピーカについてそれ以上の詳細は明かされなかった。

 米CNETはサムスンにコメントを求めたが、現時点で回答は得られていない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。