ソニー、動きに強いプレミアムコンパクト「RX10M4」登場

2017年09月13日 13時50分

ソニー、動きに強いプレミアムコンパクト「RX10M4」登場
ソニーは、高級コンパクトデジカメ「Cyber-Shot RX」シリーズに、24~600mmの超望遠レンズと像面位相差AFを搭載した、「DSC-RX10M4」を発表した。
加納恵 (編集部)

 ソニーは9月13日、高級コンパクトデジカメ「Cyber-Shot RX」シリーズに、24~600mmの超望遠レンズと像面位相差AFを搭載した、「DSC-RX10M4」(RX10M4)を発表した。発売は10月6日。想定税別価格は19万円前後になる。


「DSC-RX10M4」

 RX10M4は、24~600mmの望遠レンズを備えた「DSC-RX10III」に、像面位相差AFを備え、AF精度を高めたほか、秒間24コマの連続撮影などに対応した新モデル。超望遠レンズを使った動体撮影を楽しみたいというニーズに応えた。

 撮像素子には、有効2010万画素のメモリ一体1.0型積層型CMOSセンサを採用。メモリ一体型にすることで、スピード性能を高め、処理スピードを従来比1.8倍に高速化した画像処理エンジン「BIONZ X」とそれを補助するフロントエンドLSIの組み合わせにより、RX10シリーズ初の「ファストハイブリッドAF」を実現した。

 レンズ一体型デジカメとしては世界最速になる0.03秒の高速AFを実現したほか、RX10シリーズ初の315点像面位相差AFセンサ、高密度AF追求テクノロジを備え、被写体の捕捉、追従性能をアップ。動体追従性能を上げ、動画撮影ニーズに対応する。

 3.0型約144万ピクセルの液晶モニタはタッチ式で、フォーカス位置を移動できるタッチパッド機能、タッチしてフォーカス位置を選択できるタッチフォーカス機能に対応。自由度の高いピント合わせにより、動きの速い被写体撮影を操作面からもサポートする。

 サイズは高さ94.0mm×幅132.5mm×奥行き145.0mmで、重量約1095g。AVCHD形式のフルHD撮影のほか、XAVC S HD、4Kでの動画撮影も可能だ。

 RX10シリーズは、24~200mmの中望遠ズームを備えたDSC-RX10II、24~600mmの望遠レンズを備えたDSC-10RXIIIをラインアップ。RX10M4の登場により3機種を併売する。

  • 絞り、ズーム、フォーカスの三連レンズリング
  • 上部
  • 約144万ドットの大画面3.0液晶モニタ