β版

蔦屋家電や銀座 蔦屋書店の商品がTSUTAYAアプリで購入可能に--店頭受取もOK

TSUTAYAを展開する蔦屋書店は、「TSUTAYAアプリ」をリニューアルし、TSUTAYAオリジナル商品などの購入を可能にした。自宅への配送のほか、最寄りのTSUTAYAで商品が受け取れる店頭受取にも対応する。
 

 TSUTAYAを展開する蔦屋書店は11月27日、「TSUTAYAアプリ」をリニューアルし、TSUTAYAオリジナル商品などの購入を可能にした。自宅への配送のほか、最寄りのTSUTAYAで商品が受け取れる店頭受取にも対応する。

「二子玉川 蔦屋家電」のオリジナル商品など
「二子玉川 蔦屋家電」のオリジナル商品など
「銀座 蔦屋書店」の取扱商品など
「銀座 蔦屋書店」の取扱商品など

 TSUTAYAアプリは、クーポンの提供や店頭の在庫検索などができるTSUTAYA公式アプリ。今回のリニューアルにより、アプリからTSUTAYAオンラインショッピングの商品購入が可能になった。「購入」をタップし、そのまま「カート」に追加することで、注文ができ、商品選択時にはTSUTAYA店頭の在庫も併せて確認できる。

 TSUTAYA オンラインショッピングでは、本やDVD、CDといった従来の取扱商品に加え、「二子玉川 蔦屋家電」や「銀座 蔦屋書店」でしか取り扱っていないオリジナル商品の購入も実現。近くのTSUTAYAでは取り扱っていない商品もアプリで簡単に注文し、受け取れる。

「TSUTAYAアプリ」による商品購入の流れ
「TSUTAYAアプリ」による商品購入の流れ

 蔦屋書店 取締役商品企画本部長の田邉雄志氏は「TSUTAYA オンラインショッピングでは、自宅配送とTSUTAYA店頭受取の両方を用意しているが、70%のお客様が店頭受取を希望する。その理由は『代引き手数料を払いたくない』『送料がかからない』『不在にしていることが多い』など。店頭受け取りは送料0円にしているため、これを便利に使っていただいているお客様が多い。一方、店頭受け取りの際にほかの商品を購入した経験があるお客様は75%にのぼり、店頭に来ていただくことで新たな発見もしていただいている」と現状を話す。

蔦屋書店 取締役商品企画本部長の田邉雄志氏
蔦屋書店 取締役商品企画本部長の田邉雄志氏

 今回のTSUTAYAアプリリニューアルは、こうした店頭受け取りの可能性をさらに広げるもの。TSUTAYAでは、復刊、表紙替えをプロデュースした文庫本を発売したり、オリジナルデザインの文具や雑貨を取り扱ったりしているが、今までは取扱店が限られていた。オリジナル商品の取扱により、取扱店舗が遠いから買えないといった機会損失を防ぐ。

 同日には、「TSUTAYA冬のセレクション100」キャンペーンも開始。これは、映像、BOOK、文具・雑貨、アート、音楽、ゲーム、家電の7ジャンルからTSUTAYAが厳選した100のアイテムを紹介するもの。「SUSgallery TITANESS Pilsner チタンタンブラー」(税込価格:3万800円)、「Yokke Pokke ARTマスク」(同:2970円)など、銀座 蔦屋書店のみの取扱だった雑貨や、「Kalita Blackシリーズ復刻盤ナイスカットG2」(同:3万4650円)、「BCPLAY_」(同:1万3200円)といった二子玉川 蔦屋家電のアイテムなどを取りそろえる。

「TSUTAYA冬のセレクション100」キャンペーン
「TSUTAYA冬のセレクション100」キャンペーン
オリジナル記事URL:
https://japan.cnet.com/article/35163045/